© 工藤謙治公式ブログ|ウィンキューブホールディングス代表のサイト All rights reserved.

選挙とあなたの価値

 

From クドウケンジ

To  若者へ

 

衆議院選挙いきましたか?

『ギクッ』と思った行かなかった人は、
現状のままでいいという意思表示をしたということです。

いまの政権の政策のまま、対立勢力を応援することもなく

・選挙なんてめんどくさい
・どうせ私が行ってもなにも変わらない

そう思っていたのでしょう。

変わらなくていいという意思表示をしたので
今後、税金が上がっても、
所得控除を減らされても
コロナの復興税とか新しい税を作られても
それでも文句言いませんということです。

民主主義は多数決で決まります。

すでにご老人や高齢者と呼ばれる人たちの数が多い
この国では30代以下が100%投票に行っても
残念ながら多数決で負けてしまいます。

議員さんは正直なったらめちゃめちゃおいしい仕事。
約5000万円相当の対価と権力を手にして、
地盤が安定すればラクして安泰です。

しかし、負けたらただの無職です。
政治家は絶対負けたくないので、勝てる戦略を取ります。

票をくれる人口層(老人)に有利な政策、
票をくれる組織(金持ち)に有利な政策

を掲げて自分に票が集まるように仕向けます。
当たり前です。

若者のため、世間のため、日本を豊かにするためと
考えている政治家なんていません。

いたとしてもなかなか選挙では勝てません。
多数決だから、多数の票を集めた人が勝つゲームだからです。

しかし、あらがう意思を示すこと、
抵抗勢力に加担することで
そのスピードを緩めたり、
内容に物言いすることは間接的にできるようになる。

それすらしないということは、
政治にあきらめをもっているということ。

 

正直に忌憚なく事実を言おう。

貧乏人こそ選挙に行かない
自分の未来を考えてないバカ者ほど選挙に行かない

まぎれもない事実だ。

 

今回の選挙の結果は出てしまった。
あなたは今後どうすべきか?

金持ち優遇、年寄り優遇の中で搾り取られる側になっていく。
もちろん、政府も表立ってそんなことは言わない。

でも事実はそうだ。

今後日本はゆっくりと経済的に衰退し、搾り取られ、
衰退していくだろう。

自助という綺麗な言葉のもと、
負担はますます増え、経済的にますます苦しくなっていくであろう。

 

しかし、これだけは忘れないでほしい。

日本が沈んでも、普通の若者が大変でも
あなたが沈む必要はない。

あなたはあなたの人生を勝てばいい。

 

結局、世の中は相対評価だ。

 

周囲よりも仕事ができれば収入が多い。

周囲よりも収入が多ければ多くの選択肢を持てる。

周囲よりも能力が高ければイヤな仕事につかなくていい。

周囲よりも経済知識があれば、周囲が搾り取られる中自分だけ資産を増やせる。

 

周囲よりも『価値』が総じて高ければ、政府や国の情勢に関係なく自分の人生を謳歌できる。

 

そう、キーワードは『周囲より優れている』ことです。

では周囲より優れるためにはどうすればいいのか?簡単です。

 

周囲よりもたくさん仕事なり、才能を磨ぎ、
他人ができないことがたくさんできるようになる。

周囲よりも多くのチャレンジをし、経験を積み、
多くの知識を習得し、周囲により多くの求められる価値を提供できるようになる。

 

どんなに世の中が衰退しても自分は常に上昇していれば関係ないのだ。
自分が周囲よりも優れていればいいのだ。

常に周囲より学び、行動し、チャレンジし、失敗し、成長し続ければいいだけ。
それを周囲の一般的な人がやりたくない量とスピードで行い続けるだけだ。

それがうちの会社の仕事であってもいいし、
なんか違うと思うなら他の仕事につけばいい。(仕事が選べるなら選べばよい)

 

ただ、どんな会社に転職しても、独立しても、答えは同じ。

『あなたが周囲よりも優れていてその分野で価値を帯びているかどうか』

 

社会は温かいようでドライです。

あなたに対価(お金、自由、やりがい、知名度)を払う価値があるかどうか
ただただそれが問われるのです。

政治がどう、会社がどう、家族がどう、友達がどう、、、
いろいろ言い訳はあると思います。

んで、、あなたどうしたいの?

結局『この問い』に帰ってくるのです。

 

今回の選挙は終わりました。

来年の参議院選、さらには統一地方選挙と
民主主義における意思表示をするタイミングがまたやってきます。

その時は政治にもっと興味を持って自分事に捉えて
参加してみてください。

 

世間の下方圧力の影響を受けずに
自分の価値を高められる自信があるなら
選挙行っている時間ももったいなくなるので
それで走っていくのもいいと思いますけどね。

・ライフワークバランス
・日本人は働きすぎ
・お金に縛られない人生を
・自分らしく生きればいいじゃん

甘い言葉はたくさんあります。
それも一理ありますし、大多数はそれでいいと思います。

ゆっくりと日本とともに沈む中での
幸せを探していくのも全然悪くないです。

でも、

たった一度の人生もっといろいろやりたい
経済的にも我慢したくない、自由も欲しい

そんな気持ちが強いなら自分が周囲よりも価値を帯びるしかありません。

是非、周囲の同期、後輩、先輩、上司、いい会社に入った大学時代の友達
そんな人たちすべてをごぼう抜きして、
頭1つ2つ3つ、、体1つ2つ抜きに出た人生にチャレンジしていきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本の状況がわかりやすーい数字10選

From クドウケンジ To 若者、ミドル層へ 僕がよく見ているyoutubeチャンネル「両学長 リベ…

成功の現実

From 工藤謙治 To 若者へ 誰もが個人差あれど、人間であればこう思う。 特にうちの新卒は成長願望…

何が欲しい どうしたい? 毎日確認しよう

From 工藤謙治 TO 若者へ ブログ記事は結構書いているのだけど、公開せずお蔵入りを繰り返し今日に至…

60歳70歳でも楽しく豊かに生きるために知る情報

From 工藤謙治 To  今20代30代、人生何とかなると思っている人へ …

人生は習慣で作られる

From 工藤謙治 To  成長したい若者へ 人生は習慣で作られる。誰もが一度は聞いたことがあるでしょう…

ページ上部へ戻る