© 工藤謙治公式ブログ|ウィンキューブホールディングス代表のサイト All rights reserved.

成功の現実

 

From 工藤謙治

To 若者へ

 

誰もが個人差あれど、人間であればこう思う。

特にうちの新卒は成長願望の強い学生を選考しているので
傾向として人よりも願望が明確で強い人が多いと思う。

 

成長したい

20代ぶっちぎりたい

自由に生きたい

豊かに生きたい

やりたい仕事に就きたい

誰にも束縛されたくない

会社、上司に指示なんてされたくない

 

という漠然とした思いから

 

20代で起業して10億円貯めたい

30代で経済的にリタイアしたい

年収4000万円ほしい

20代でスキルを身に付けて自分のビジネスで
ノマドワークをして月100万円でいいので安定させたい

 

など具体的な願望を持っていた新卒もいました。

 

が、、、振り返ってどうでしょうか。

 

当然、まだがんばっている途中の人もいますが、
入社してしばらく経ち、
現実が分かってくると徐々に口にしなくなり、
やがて現実の延長線上に未来を描き直します。

 

離職して自分の生きたい生き方をしている人もいます。

社内で現在の仕事の中で達成に近づいている人もいます。

 

様々です。

 

結局、自分の高い願望に近づけるかどうかは
そこへ向かって成長し続けられているかどうかです。

 

 

高い願望には高い成長が必要。

 

【思いの種を蒔き行動を刈り取り、行動の種を蒔き習慣を刈り取り、習慣の種を蒔いて成功を刈り取る 】

アチーブメント社の研修に行くと必ず聞く名言です。

 

思いが先、行動を変える、習慣になる、習慣が積み重なり、やがて成功する

 

これが現実です。

 

自分の高い願望を成功させられないのは、何かが不足しているからです。

だいたいその多くは、行動が足りません。

 

 

サッカーの本田圭佑の名言を引用しましょう。

本田圭佑の名言&語録20選

 

 本田圭佑の中に本田圭佑がいるんですよ。

 挫けようとする悪い自分と頑張って打開する良い自分が。

 成功する中で一番必要なのは自分に打ち勝つことだと思うんですよね

 

 人生24時間の1日の中で余った時間は他にもあるわけですよ。

 それを他の奴が休んでいる間に走ることに着手すれば、

 プラスαこのちょっと伸びたら凄いことになる

 

 1年後の成功を想像すると、

 日々の地道な作業に取り組むことができる

 

リンクをパッと見てピンとくるのは上記ですかね。

 

その他も、サッカーという比較的大きな市場で
日本屈指の結果を出していた本田さんの体験に
裏付けされた名言がたくさんありますので、

 

気に入った方は声に出して3回読む、

紙に手書きで書き写してみる、

などをお勧めします。

 

===

本田圭佑の金言5選

 

休日は、他を出し抜くチャンス

 @kskgroup2017 2018年8月31日

 成功したい人にとって休日をもらって休んでるようでは話にならない。

 中学生の時くらいから休みをもらうと出し抜くチャンスやと思って、もっと休みをくれって思ってた。

 

残業や休日出勤をなるべく減らして効率よくやろうよ。それが今の流れだ。
しかしライバルに勝ちたい、一歩抜きん出たいと思う者が
休日に惰眠を貪っていてはいけない。

 

ちなみに本田は休みを全否定しているわけではなく、
読者へのリプライで
「いや、休むのも必要なんです。ただそれは怪我するほど追い込んでから学ぶことって事が伝えたくて」
と返している。

===

 

この辺りもいいですね。

 

まー要するに、、、、

人よりも努力しないと人よりも成長しませんよ

人よりも多く失敗して挫折も経験しないと人より大きな成功はないですよ

ということです。

 

ウィンキューブグループも労働に関する法律を完全に守るように進んでいます。

会社に雇用されているという制限の中では、
人よりも大きく練習することは難しくなってきました。

 

しかし、仕事の負荷、、集中力、最高の体調、学びたいという姿勢の差は
同じ勤務時間でも大きく差が開きます。

社内を見ていると、申し訳ないけど仕事だからイヤイヤやっている人(こっちが普通)と
目をキラキラしてチャレンジしている人に分かれています。

 

仕事として渡している業務と報酬は常に釣り合っているので、
仕事量を決められた基準こなしていれば、昇給はしていきます。

やる気があるかないかではなく結果がすべてという評価基準だからです。

 

しかし、中期長期で見るとやはり仕事を”志事”と捉え、
自分ごとに捉えて働いている人のほうが伸びています。

最初は能力が足りなくても、地頭が悪くても
2年目あたりから差が開いていきます。

 

僕の事例をいうと、僕は地頭はよくないです。

社内でやった能力診断テストでは
10段階の3だったかな。(当時下から3番目の悪さだった)

 

しかし、一応会社としても個人としても結果は出しています。

それは僕が優秀だったからではありません。

 

地頭がいい、学歴がいい、効率がいい、奴はごろごろいました。

僕が起業したときにはもっと大きな会社だった人はたくさんいます。

 

でも、結果今生き残って拡大し続けている人は少ない。

それは願望の大きさと願望の強さがそうさせるのです。

 

よく会社は経営者のヴィジョン(器)よりは大きくならない
と言われますが、個人も同じです。

個人の自己実現は個人の願望の幅よりは大きくならない。

 

是非、高く大きな願望とそれに見合う成長をするために
自分の思いの種を明確にし、
刈るための十分な行動をして
良質且つ結果につながる思考習慣と行動習慣を身につけ
あなたの成功を刈り取ってください。

 

たった一度の人生二度ない人生、
どうせ生きるならちょっと大変だけど、
成長して自分のなりたい自分になりませんか?

 

今日が人生で一番若い日です。

まずは思いの種をしっかりと蒔くことから始めましょう。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本の状況がわかりやすーい数字10選

From クドウケンジ To 若者、ミドル層へ 僕がよく見ているyoutubeチャンネル「両学長 リベ…

選挙とあなたの価値

From クドウケンジ To  若者へ 衆議院選挙いきましたか? 『ギクッ』と思った行かなかった…

何が欲しい どうしたい? 毎日確認しよう

From 工藤謙治 TO 若者へ ブログ記事は結構書いているのだけど、公開せずお蔵入りを繰り返し今日に至…

60歳70歳でも楽しく豊かに生きるために知る情報

From 工藤謙治 To  今20代30代、人生何とかなると思っている人へ …

人生は習慣で作られる

From 工藤謙治 To  成長したい若者へ 人生は習慣で作られる。誰もが一度は聞いたことがあるでしょう…

ページ上部へ戻る