© 工藤謙治公式ブログ|ウィンキューブホールディングス代表のサイト All rights reserved.

成長できないのは『成長』の正体を知らないから

 

From クドウケンジ 

To 成長して人生を謳歌したい若者へ

 

 

ウィンキューブホールディングスでは
ざっくりと『成長できる環境』というテーマで新卒採用を行っています。

 

20代ぶっちぎりの成長で同級生に差をつける!こんなようなテーマです。

 では『成長』ってなんですかね。

 

某マネジメント研修会社は
『できなかったことができるようになること』と定義しています。

当たり前ですが、できることが増える、できる能力が身につく、できる習慣が身につくということです。

 

で、、、大切なのは

何をできるようになれば目標は達成されるのかを
きちんと意識的にとらえることです。

 

会社での成長というテーマであれば、
各々の業務の中で役割の中での目標が与えられ、
どんな結果を求められているのか明確になっており、
同時に何を達成すれば評価(昇給)するのか
ということが決まっていると思います。

その目標を達成するために
今の能力では至らないので『成長』が必要なのです。

 

例えば、○○という目標を達成するために
自分に”不足しているものはなにか”
“何を身に付けたら達成できるのか”を
意識的にとらえなければなりません。

 

 

わかりやすいよう具体例をあげましょう。

 

今年中に100メートルを15秒以内に走ってください!
という完全結果を設定されたとします。

「今の僕の能力では達成できない!成長しよう!」
となりますね。

 

ここで「うーん頑張る!!もぉー頑張る!めちゃがんばる!!」と
鼻息荒く興奮してもまったく無意味です。

 

 

■1、まず目標の高さをなるべく正確に測ります。 

 

年末まであと4カ月あるな。

100メートル走の僕の年齢の平均タイムってどれくらいなんだろう?

15秒を達成できる人ってどんな人なんだろう?

 

 

■2、自分のレベルを正確に測ります。

 

自分はそもそも100メートル今何秒なんだろうか?

中学校の体育の授業から測ったことないな、、。

そもそも100メートルを思いっきり走っていい場所ってどこだろう?

体育館? グラウンド? だれがタイムを測るの?

 

 

■3、【重要】不足を認識する 

 

理想のフォームがわからない、早く走るフォームを教わる必要がある。

まず自分は体力がないんだ。

『体力がない』を細分化すると、

1、筋力がない、2、肺活量が少ない、3、体が重い(太っている)ということだ。

ここを改善しよう。

 

 

■4、不足を埋める(成長する)ための行動をまとめる

 

フォーム

・100メートルを早く走るためのコーチを探す。スクールを探す。今週中。
・自分のフォームを見てもらう。
・必要な筋力トレーニングや肺活量の目安などを聞く。

 

体力

1、走るための筋トレをする 週2回 家の近くのジムを契約する
  自宅にヨガマットを買う。自宅でできる筋トレを調べる。

2、肺活量は毎朝1時間早く起きて、近くの公園を思いっきり走ることを3回やる。
  タバコを吸う人はタバコもやめる。禁煙外来に通う。まず来週行ってみる。明日中に電話で予約する。

3、月1㎏ずつ、合計4㎏やせる

  食事量をコントロールする。食事の記録をする。
  そのためのエクセルをまず作る。毎日寝る前に入力してから寝る。
  週末はプチ断食する。
  飲みに行ってもお酒は2杯までにする。
  二次会には行かない。ただし月一回だけ好きなだけ飲んで、終電まで楽しむ日を設定する。

 

 

■5、不足を認識し、その不足を埋める行動を毎日守る、行動する。習慣化する。

 

■6、どれくらい不足が補えている(成長している)のか進捗を管理し、フィードバック(軌道修正)、最適化を繰り返す。

 

■7、年末までに見事達成(できなかったことができるようになる)(成長した)

 

ということなります。

 

 

仕事でも全く一緒。

 

■1、与えられた目標の高さ、目標までの距離をなるべく正確に測る

■2、自分の現在地をなるべく客観的に測る

■3、不足を認識する(伸びしろ、成長余力)

■4、計画を立てる

■5、行動する、習慣化する

■6、チェック、フィードバック、最適化を繰り返す

■7、達成(成長)

 

ということですね。

 

 

つまり『成長』というのは
気合でなんでもかんでもがむしゃらにやることでも
寝ないで気合でやることではなく、
目標が何なのか、不足は何なのかを理解し
それを埋める作業であることと捉えてほしいです。

 

目標が高ければ高いほど大きな不足があって、
その不足を埋めるためにやることが多くなります。

 

時には苦しいこともあるかもしれません。

時には歯が立たずに泣くこともあるでしょう。

 

でも、他人より大きな収入、他人より大きな権限、
他人より大きな自由を将来的に獲得したいならば、
他人よりも大きな不足を埋める必要があります。

 

成長、成長、成長っていうと何となく漠然としていますが、
『目標に対しての不足を埋めること』であり
『今までできなかったことが、練習、鍛錬、経験、習慣形成によってできるようになること』なのです。

 

 

会社の中での成長でも、

自分の個の人生という中での成長でも、

なんでも同じです。

 

若いうちは気力も体力も時間もある。 

伸びしろは無限大です。

 

ぜひ、高い目標に対して
不足を認識して埋めるための行動をリスト化して
行動、そして習慣化してどんどん成長していきましょう。

 

 

 

P.S.

成長の先にさらに漠然とした成功というテーマもあります。

成功は成長の果実などと言いますが、
なんとなく成功するためにはこういうマインドだ!みたいな
このユーチューブチャンネルが僕は好きです。

https://www.youtube.com/c/UnitedGratitudeFilms/featured

 

自己啓発的な内容ですが、何となく雰囲気だけ感じ取ってください

 

 

特にこれ! 時には根性論(笑)

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本当の成長ってこういう感じ

From 工藤謙治 To   しんどくなってきた新卒へ 久しぶりの更新で…

コロナはあなたの人生に関係ない

From 工藤謙治 To  人生負けたくない若者へ ■データを見ろ コロナ、、、コロナ、、、コロナ、、、 …

ブログ、情報配信再開します。

From クドウケンジ ひっさしぶりに、ブログを再開します。 理由1 ある程度自由になってきて、 …

社会的な経済価値をあげよう

From クドウケンジ To ミライが心配な社員さんへ 「老後95歳までほどよく普通に生…

プロの社会人とプロのチームワークとは?

From 工藤謙治 To 人間関係に不満をもつ社員さんへ 4月が終わり、…

ページ上部へ戻る