© 工藤謙治公式ブログ|ウィンキューブホールディングス代表のサイト All rights reserved.

学ぶ人・学ぶ情報を考える。

 

From クドウケンジ

 

To  成長途中のスタッフさんへ

 

 

一発屋っぽい人、ネットやYoutubeで成功者(お金持ち)アピールしている人には気をつけましょう。

どうしても若い人たちは、見栄えに騙されてしまいます。

 

 

・お笑い芸人の一発屋さん

 

・一曲だけヒットしたけどその後消えた歌手・グループ

 

・マネーの虎で偉そうに喋っていた(演出だろう)けど、その後倒産した元社長さん

 

・仮想通貨で億り人、、、

 

 

『あの人は今』というTV番組があるけど

同じようにビジネスの世界でも『あの社長は今(笑)』という人が結構います。

 

 

確かに、芸能の世界で一発当てることが難しいのと同じように、

ビジネスでも一発当てることすらけっこう難しいのです。

 

 

僕が起業したときにも

 

『月収○○○万円』

『年収○億円』

『なんちゃらヒルズ族』

『○○コンサルタント』

『なんとかアフィリで○○○万円』

 

とか、、すごそうアピールしている起業家?社長?がいっぱいました(笑)

 

 

インターネット広告の走りの時代で広告規制も甘く、やりたい放題だったので、

ちょっとだけ賢かったり、行動力があるひとが荒稼ぎできた時代です。

 

 

『あの社長は今、、、(笑)』という番組を僕が作りたいくらいの状態です。

95%は消えましたね。

 

 

昔、銀座の一流クラブ(座るだけでひとり5万円取られました(笑))でホステスさんが

 

「銀座って面白くて、40代以下の社長で5年間ずっと通える人って1割~2割なんです」

 

「風の噂ですが、ほとんどの人はいっときだけ景気よくて羽振りがよくても

数年で会社が傾いたり、倒産したりして、銀座から撤退されるみたいです」

 

「銀座の街を見ていても5年以上羽振りがよくて

より成功される人ってホントごく一部ですよ」

 

と話してくれたのが身にしみます(笑)

 

 

 

つまり、ビジネスの世界で一発当てることも難しいですが、それ以上に

継続して稼ぎ続ける会社、継続して成長し続けられる会社ってレアなんです。

 

成功することも難しいけど、成功し続けることはもっともっと難しいのです。

 

 

という意味では、僕の会社はちょうど10年ですが

ずっとあれやこれやと失敗しながらも着実に増収増益しています。

 

 

これは、僕の能力が飛び抜けて高いわけでも先見の明があるわけでもなく、

成功し続けるための秘訣を知っているからなのです。

 

 

“成功し続ける秘訣”って意外とシンプルなんですよ。

 

王道で大成功し続けている会社や個人がどうしているかを真似すること

 

 

儲かっているというのは、

少なくとも5年以上という期間で成功し続けている状態です。

 

経費で遊んでいる人、すごそうにしている人、実際手残りが少ない人は

成功状態ではありません。

 

売上だけ高くて実際は儲かっていない会社もありますし、

全然儲かってもいないのに経費で遊び呆けて

すごそうに見せている起業家もどきもたくさんいます。

 

なので、わかりやすいように

会社ならば営業利益5億円以上、

個人なら1億円以上残せる状態というのが目安じゃないでしょうか。

 

 

 

“5年以上継続して”儲かっている会社・個人は何をしているのか?

 

 

どういうことをやっているのか?

 

どんな習慣をもっているのか?

 

どんな時間の使い方をしているのか?

 

どんな思考なのか?

 

どこに力を入れているのか?

 

どんな経営をしているのか?

 

 

を真似するのです。

 

 

 

直接会って聞くのがいいでしょうけれど、成功者は暇ではないです。

セミナーや本、教材、その会社の製品・サービスを経験することで嗅ぎ取っていくのです。

 

そうすれば、少なくとも方向性を間違えることはないわけです。

その成功者にどこまで近づけるかは努力と才覚次第です。

 

 

僕がこの記事で伝えたいのは、

間違っても一発成功者”もどき”を真似してはいけないということです。

テレビやインターネットで調子に乗ってバブっているような人や

派手なパフォーマンスをする人を表面的に真似てはいけません。

 

 

現代は、インターネットの登場により、個人でも簡単に情報を発信することができます。

中には、自分の金儲けのためのブランディングを目的に、

お金持ち、儲かっている風、成功している風に見せている偽物もたくさんいます。

 

 

5年以上成功し、成長している会社・個人は、

それなりの理由があってそうなっているのです。

 

僕は起業したときからずっと

アメリカや英語圏のスーパーマーケッターや

一部上場企業のスーパー社長たちの考えを学んでいました。

 

常に、長期間成功している人の”思考”を学んできたのです。

 

 

今の会社も早い段階で人事部を作り、新卒採用に力を入れてきました。

評価制度や組織づくりも、大企業が何をやっているのか、

うまくいっている企業・社長がどうやって会社を作ってきたのかを真似してきました。

 

 

だから、僕の会社は常に失敗しながらも成長している。

成長するための情報源がすべてスーパー成功者たちなので、そりゃうまくいくのです。

 

 

ちょっと数億円儲かって

六本木や西麻布、銀座で毎日飲み歩いて調子に乗っている人、

成功者ぶっている人はすぐに足をすくわれます。

 

自分の利益ばかり考えて、お客さんから搾取している会社は長く持ちません。

同じく、利益を優先し、組織や人に投資しない会社も長く持ちません。

 

 

常にお客様に価値ある商品・サービスを提供し、

その対価として適正利益を受け取り、

採用・組織に苦しみながらも未来に投資するべきなのです。

 

成功の原則は『正しい方向にハードワーク!!』です。

 

 

人より多くのものを得るには、人より努力しなければいけないんですね。

 

 

 

時間を大切にし、最高の体調と心理状態で、

正しい成果につながる努力を人よりも多くこなす。

 

『正しくハードワーク!!』

 

 

楽して成功しようとしてもなかなか厳しいですよ。

 

一発当てても、所詮一発です。

 

 

20代30代と若い世代は、やりたいことがいっぱい、欲もいっぱい。

だからいろいろブレる。

 

でも、スーパー成功者と言われる人はどんな20代30代を送っていたでしょうか。

 

 

誰に学ぶか、誰を真似るか、何を学ぶか、、、

 

 

学びも成長も、人生の貴重な時間を使います。

 

大事な人生の時間を費やして

誰を真似るか、どこを真似るか、、

 

 

人それぞれヴィジョンが違うと思いますが、

自分の中のスーパー成功者を見つけて

 

『正しくハードワーク!!』

 

してまいりましょう。

 

 

これは、人よりもぶっちぎりで成功したい人へ向けてのメッセージです。

 

価値観は人それぞれですので強制すべきではないですが、

実際のところ、成長とは何かを手放して手に入れるものでもあります。

 

ほとんどの人が継続して努力することができないから

豊かさや実力に差がついているのです。

 

 

チャンス・タイミングもありますが、

やはり人が諦めるところで頑張り抜くから成長があります。

人が休んでいるときに努力するから差がつくのです。

 

 

人それぞれ、家庭環境、周囲の環境、学歴、友達など環境様々、ヴィジョンも様々。

仕事以外でもいい、自分の中でオリジナルの成功に向かって進んでほしいです。

 

 

人生は一回きり、今日という日も一回きり。

 

是非、社会のため、両親のため、友達のため、

なにより自分のために最良の毎日を選択してください。

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

社会的な経済価値をあげよう

From クドウケンジ To ミライが心配な社員さんへ 「老後95歳までほどよく普通に生…

プロの社会人とプロのチームワークとは?

From 工藤謙治 To 人間関係に不満をもつ社員さんへ 4月が終わり、…

終身雇用なんてもうない

From クドウケンジ To 社員さん 先日、テレビやネットニュースで取り上げられていた…

働き方改革!

From くどうけんじ To  仕事を頑張りたい社員さんへ …

タイピングを頑張ろう!!

タイピングはコピー力に直結する From 工藤謙治 To 特にコピーライター &nbs…

ページ上部へ戻る