© 工藤謙治公式ブログ|ウィンキューブホールディングス代表のサイト All rights reserved.

頑張る ≪ 続ける

 

To 中野オフィスで働くスタッフさん

From クドウケンジ

 

 

10月、11月と会社イベントが多く、

各イベントでチーム同士交流したり、表彰されたり、スピーチをしたり聞いたりして、

志新たに頑張ろう!と思っている人も多いと思います。

 

テンションがあがって「工藤さん、がんばります!」とスピーチしてくれたり

メッセージをくれたりしてとても嬉しく、期待していますけど、、、

 

大事なことは、その志を継続すること。

 

 

熱量の高いイベントや研修に感化され

一時的にテンション(気分)が上がる人は多いですが、

それは案外継続しないものです。

 

 

テンション(気分)ではなくモチベーション(意欲の根源)を上げなければなりません。

短期的な、燃えるようなテンションではなく、

変わろう、頑張ろうと思うその意欲を継続してあげていかなければならないのです。

 

 

ダイエットを例に上げるとわかりやすいでしょう。

 

なにかに触発されてダイエットを決意し、いろんな方法を試すわけです。

でも続かない(笑)

3日も経つとだんだん自分に甘えが出てきて、

1週間も経てば食生活も運動習慣も元通り。

結果痩せない。まさに三日坊主(笑)、、、

 

ひどい場合には、一時的に無理して食事制限や運動をしてしまい、

リバウンドで以前より太ってしまうなんてこともありますね。

 

 

振り返ると、WCHに入社した大卒・専門卒の新卒たちにも

似たような部分が見え隠れします。

 

内定式や最終選考のときにあれだけ

『仕事にコミット・人生にコミット』したはずなのに、

今その言葉どこにいった、、?(汗)というような人もちらほら。

 

内定式のスピーチや新卒最終選考の音声を録音しておいて

毎日聞き直してほしいと思います(笑)

 

 

 

人間なんてそんなもんなんです。

それが普通なんです。

 

モチベーションを自分で維持してさらにさらにと頑張れる人が少ないから、

年収が高い人、人より抜きに出た結果を出せる人が少ないのです。

(年収だけが成功とは限りませんが)

 

人のモチベーションなんてそんなもん。

 

 

だから、チャンスなんです。

 

 

高いレベルで『継続』できる人は勝つのです。

みんな『継続』できないので、正しく『継続』していくことで勝てるのです。

 

 

 

どんな仕事でも、年収が高い人ってごくごく一部なんです。

その人達はやはり

人より多くの『練習』『試練』『強いセルフコントロール』を継続している人で、

みんなができないから『差』が徐々に徐々に広がって

気がついたら、、、天と地の差が開くわけ。

 

 

最初はみんな鼻息荒く、同じスタートラインにいるんだけど、

時間とともに自分の環境が変わったり、欲求バランスが変わったり、飽きてきたりして

みんな言い訳つけて全力で走るのをどんどん止めるのです。

気がついたら、怠けないで『継続』し続けている人がぶっちぎってしまうのです。

 

 

ウサギとカメの話があるけど、怠けないうさぎになること。

カメみたいに、歩みが遅くマイペースでもゴールすれば勝ち、というのは

実経済社会ではないのです。

 

なぜなら、ウサギとカメ以外にも

経済社会で競争している労働人口は何十億人と世界にいるわけで、

年収、労働条件、通貨というものを基準に一斉に同じレースを走っているのです。

 

だから、人より高い目標を達成したい、人より豊かに生きたい、人より多くの自由を手にしたいと思うなら、

ウサギのように最初からスタートダッシュをして、

つらくてもそれを『継続』することです。

 

 

頑張っているうちにそれは習慣になり、

頑張っている状態が当たり前になり、

ある程度からは慣性の法則で急に気持ちも実経済も楽になっていくのです。

 

鼻息荒く頑張る → 習慣化 → 人より頑張るのが当たり前

 

これが人生の勝者の一面なんですね。

 

 

もちろん無駄な努力はよくないから、

正しい方向に努力することも大事。

正しい方向に常にアンテナ張っていることも大事。

 

 

・ときには甘い誘惑もあるかもしれない。

 

・環境の変化で少し怠けたくなることもあるかもしれない。

 

・周囲のスローペースに足をひっぱられるかもしれない。

 

・とてもとても理不尽な出来事がおきるかもしれない。

 

 

そんな中でも、自分の時間・感情・健康・お金という資源を

自分の目的・目標に向かって使うことを『継続』できる人になってほしいです。

 

 

行動を続けるというより、モチベーションを続けること。

自らが発電機のようにいつでもやる気に溢れて、

当たり前のように目的目標を持って迎える毎日は充実感があります。

 

行動の継続よりも、それを続けるモチベーションの継続にフォーカスしてみてください。

 

 

 

やっぱり、頑張っている人、人より結果を出せる人はカッコイイと思います。

もちろん仕事だけが成功ではありませんが、

たった一度の人生、なにかに本気になって生きてほしいですね。

 

 

今日の自分を最高にコントロールできる自分になりましょう!

 

それがどんどん習慣化され当たり前になり結果が出始めると、

また別の高い景色が見えてきます。

 

 

たった一度の人生、人類誰もが平等に与えられる1日24時間、大事に使っていきましょう。

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

一流に触れる

FROM クドウケンジ TO これからミライのある若者スタッフへ 一…

あなたの代わりなどいくらでもいる

From クドウケンジ To 中野オフィスで働く方々 「あなたの代わりなどいくらでもいる…

成功する唯一の方法(本田圭佑談)

From 工藤謙治 To 将来他人より豊かに生きたい社員さん なにか…

駅のトイレに並ぶな!

TO 朝が苦手な社員さん FROM 工藤謙治 ちょっとキレイではない…

不安を課題に変えよう

From クドウケンジ 今回も短くサクッとお伝えします。 テーマは「不安」について。 …

ページ上部へ戻る