© 工藤謙治公式ブログ|ウィンキューブホールディングス代表のサイト All rights reserved.

恋愛も重要だ

 

TO:WCHの30代以下のスタッフさん

FROM:工藤謙治

 

来年4月入社の新卒選考が終わりました。

どのような人生ヴィジョンを持ち、それをWCHでどのように実現していくか、

将来が非常に楽しみな若者たちに内定を出せたのではないかと思います。

 

たった一度の人生、二度ない人生、いかに生きるか。

 

くだらない”常識”や”普通感”に影響を受け、

世間一般が敷いた極めてシンプルな道を自分の人生としてだらーっと進むのか、

 

20代のうちに苦境に耐え、一生懸命に自分と向き合い

成長を追い求め、唯一無二の価値ある人材として

濃厚かつ豊富な選択肢の中で生きるのか、

 

決めるのは『あなた』です。

 

 

この工藤謙治ブログでも何度かお伝えしていますが、

僕は自分の人生に非常に満足しているし、

正直これからの自分の可能性や影響力、

実現可能な未来が眩しくて見えないくらいです。

 

普通の37歳はほぼ自分の人生のレールの方向性が定まり、

まさに働き盛り、家族もでき(独身でもOK)、

基本となる定職に就き、職業的スキルも定まり、

これまで蓄積してきた自分の稼ぎや能力に従って

選択肢が決まっているでしょう。

 

僕は、僕ひとりの人生よりも、

働いているスタッフの方ひとりひとりの成長を感じることや、

仕事を通じて自分らしく輝く人生を送ってもらうことのほうが興味がある。

 

ビジネスを通して、お客様に価値を提供し、

社員さんに正当な糧とスキル、そして多くの選択肢を提供することが

社会の豊かさに繋がり、結果僕の幸福度を高めてくれると考えています。

 

前置きが長くなりましたが、本日のテーマは『恋愛について』です。


この37歳独身の僕が偉そうに語れませんが、

自分なりに行動し、一般的な男性よりは様々な経験を経た僕が

いまスタッフの方々に伝えたいことを伝えます。

 

世間はゴールデンウィークです。

一緒にどこかに旅行や遊びに行くパートナー(恋人)はいますか?

恋愛していますか?

 

結婚している人は、決めたパートナーとの幸福にフォーカスし、

その延長線上に自分の幸福を見つけてください。

一度決めたはずのパートナーとうまくいかないのであれば、

結婚をやりなおす、もしくは独身の道を進むのもよいでしょう。

 

どちらにせよ、人生は一回きり。

不快に対し我慢し続ける選択をするのも、

不快を避け新しい幸福を見つけるのも人生なのです。

 

 

さてさて、今回の内容は

独身の方へのメッセージを主軸にお伝えします。

 

とても良いことに、WCHは社内恋愛も多く、

30代以下では恋愛パートナーがいる社員さんが比較的多いかと思います。

 

ここで最良のパートナーの選び方を僕なりにお伝えしたいと思います。

37年間、恋愛など決して上手じゃなかったからこそ見えている

恋愛での必勝パターンです。

 

このパターンに当てはめて考えることで、

 

現在パートナーがいる人は

・現状のパートナーの価値を広い思考、選択肢で再確認できる

・現状のパートナーに固執することなく、縋ることなく、主導権を自分で握ることができる

 

現在パートナーがいない人は

・広い選択肢の中で妥協することなく、その時点で最良のパートナーを自分の意思決定で選ぶことができる

・自分の理想がより明確になり、理想の人に出会う可能性が高まる

 

のではないでしょうか。

 

 

【1】自分の理想を書き出して整理してみる

 

すべての目標達成は、どこに向かうかを決めることから始まります。

目的地のない旅は存在しないのと同じで、

理想のない恋愛も、妥協や失敗を招きます。

 

まずは理想でいいのです。

 

 

芸能人でも、身近な人でも、過去に出会った人でもいいです。

自分がどんな異性に惹かれるのかをまず名前を書き出してみてください。

誰かに見せるものではないので、遠慮なく書き出しましょう。

 

 

【2】共通項を探る

 

その中で共通項を抜き出し、自分が惹かれる要素を明文化しましょう。

 

容姿

年齢(年上、年下、同い年、雰囲気からくるもの)

性格

生活習慣

能力

収入感

状態

どんな時間を過ごしたいか

なぜそう思うのか(だいたいは両親・家族の影響)

 

などなど、それぞれの要素ごとに書き出してみましょう。

 

何度も言いますが、求めるものを明確にしなければ

一生手に入らないのが原則ですよ。

 

面食いならルックス重視でもいいです。

若い子が好きなら年齢重視でもいいのです。

優しくて、家庭的で、頭が良くて、料理が上手で、、、、などなど

自分の欲、理想、希望、空想をまとめてみましょう。

 

女性であれば、高収入、高身長、高学歴などの三高でもいいです。

どうせ誰にも見せることはありません。

 

「私は年収1200万円以上じゃないとイヤ」

とかでもよいですよ。理由があればまったくもって健全です。

 

書き出して自分の特徴を分析することが大事なのです。

 

一番やってはいけないことは、

「優しければ誰でもいい」

みたいな漠然とした理想を設定することです。

 

曖昧な思考・目標は、曖昧な結果と失敗を招きます。

 

 

【3】優先順位と許容範囲を設定する

 

ここで初めて自分の実力評価が入ってきます。

先ほどは、自分の今の実力を一切考えず理想(空想?)を書いたかと思います。

 

ではここで衝撃の質問をします。

僕は昔この質問をされて、1分間落ち込みました(笑)

 

衝撃の質問・・・

 

==================================

今あなたが挙げた「理想の異性」が求める理想の異性に

あなたは当てはまっていますか?

==================================

 

 

衝撃ですよね。

あなたは「理想の異性」から見た理想の異性ではない、、、

 

自信満々に『理想の人に私はふさわしい』と思う人はよいですが、

レアケースか自信過剰がどちらかですよね。

 

僕も含めて、「理想の人」の理想に当てはまらないのです。

 

わかりやすくお金でイメージするならば、

理想の豪邸(自然豊かで、広くて、アクセスもよくて、新築で、家具も全部自分で決める)は

あなたには対価として支払うお金がないのです。

 

恋愛は条件だけでもないし、お金でもありませんが、伝えたいことは

高い理想はそれ相応の価値としか交換できないということです。

 

さて、ここからが重要です。

 

 

自分の優先順位と許容範囲を決めていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

優先順位

 

 

許容範囲

 

です。

 

 

恋愛には様々な条件があると思います。

 

恋愛と結婚でも優先順位と許容範囲は変わりますよね。

自分の理想の中で優先順位を、強制的につけていきます。

 

※なかなか甲乙つけづらいと思いますがあえてつけてください。

 

性格なのか

容姿なのか

年齢なのか

生活水準なのか

年収なのか

趣味があうなのか

夜の相性なのか

 

あえて、無理矢理にでもつけてみてください。

自分の価値観・恋愛観の棚卸しです。

 

そして、優先順位の高いものから許容範囲を定めていきましょう。

 

ここでも、『優しければ誰でもいい』という傷ついた小鳥的な発想とか

『とはいえフィーリングでしょ!』という曖昧さは排除しましょう。

 

結果的に他の要素はいまいちでもやさしい人、フィーリングが合った人を選ぶのもいいのですが、

ここはトレーニングなので、ひとまず優先順位と許容範囲を決めましょう。

 

性格が合う、やさしい、誠実、真面目、一緒にいて楽しいなど、

一般的に好まれる異性の表現方法をより細分化して考えます。

 

性格が合うというのは、どういった条件やどういったシーンでそのように感じるのか、

やさしいとは、誰に対してどのようなシーンでやさしいのか、

一緒にいて楽しいというのは、いつどのような状態でそのように感じるのか、

 

過去の自分を振り返って

なるべく具体的に明文化することが大切です。

 

また、振り返った内容を並べ、

どこまでなら許容範囲かをはっきりさせることも重要です。

 

あれもこれもそれも、ここまでないとダメ、という状態では、

理想の人に出会うまでに1万年くらいかかります。

 

先程もお伝えしましたが、

「あなたの理想の人」の理想にあなたはないのです。

 

あなたの現状を上方修正することはもちろん有効ですが、

まず現実を見る必要があります。

 

自分の実力を客観的に直視したときに、

自分の許容範囲を定めておく必要がありますね。

許容範囲を広く取る必要がある場合もあれば、

取らなくてもよい場合もあります。

 

また、項目により許容範囲を狭めたり広げたりと

自分との戦いでもあります。

 

改めて考えると、

自分がいかに曖昧な思考で恋愛活動をしていたかよくわかると思います。

 

仮にこれが、自分の生活がかかった経済活動を伴う仕事だとしたらどうでしょうか。

曖昧な目標は曖昧な行動を生み、曖昧な結果をもたらし、

結果目標に到達できず、負け組のスパイラルに入ります。

 

基本的な目標達成プロセスの考え方は仕事も恋愛も同じです。

何度も言いますがトレーニングなので、

しっかりと考えて棚卸しをしてみましょう。

 

 

【4】理想の相手を探すための行動を取る

 

ここまで来てようやく行動に移すわけですが、

言うまでもなくその「行動」がいちばん重要です。

行動なくしてなにもなし。

行動すればまた次の現実がやってきます。

 

“なるべく多くの選択肢”の中で理想の相手と巡り合い、

恋愛活動により心や体の充足を得ることは

人間含め、すべての生物のDNAに子孫繁栄プログラムとして稼働しており、

恋愛活動により得られる人間という生物としての喜び・幸福感は大きなものになります。

 

選ぶステージではなるべく多くの選択肢を持つことがとても重要です。

 

『運命とか引き寄せの法則で、

願っていればいつか王子様、お姫様と出会えるはず、、、』

 

なんて、現実世界ではないのです。

 

自分の実力を上げつつも、

目標に向かって確率が高い選択肢を取り続けるしかないのです。

 

 

では、理想の異性と出会うためのルートを考えてみましょう。

 

 

■社内恋愛

 

― 身近で接している社内というのは、

外見や年齢など表面的な条件以外の要素を知れる分、

恋愛などに発展しやすい経路です。

 

仕事や社内コミュニティーで人間性を理解しているので、

話が早いといいますか、外部環境で探すよりもハズレを引く可能性が低くなります。

 

しかし、社内恋愛は選択肢が限られます。

 

社内でも結婚している人が増えてきて、

当たり前ですが男女ともに条件がよい人からパートナーを見つけて定着します。

 

社内にいる理想の異性がフリーだった、もしくは許容範囲内の異性がいたならばラッキーです。

 

是非、すばらしいパートナーとして恋愛関係、

さらには発展して婚姻関係を享受してほしいところです。

 

 

しかし、社内恋愛には負の側面もあります。

 

ひとつは、社内恋愛は選択肢が限られ狭いコミュニティーで選ぶので

優先順位と許容範囲が曖昧になるということ。

 

社会一般でみれば良くない条件でも、自分が広い選択肢をもっているという自覚がなければ

狭いコミュニティーの中で”選ばざるえない”と恋愛選択思考で勝手に檻をつくってしまいます。

広い視点で正しい相対評価、感覚評価をしましょう。

 

もうひとつは、社内恋愛はこじれるとあとあと面倒くさい。

 

 

社内恋愛は、内面もある程度わかり、接触頻度も多いため、

生物DNAは適齢期異性というだけで、異性が魅力的に見えてしまいます。

 

(小学生はだいたい小学生のクラスの中か隣のクラスにしか好きな人がいません

コミュニティが狭いのでその狭い中での相対評価で異性を探すからです。)

 

 

外してはいけないのは、先ほど設定した自分の理想の許容範囲です。

 

異性から積極的にアピールされたとしても、

後述する経路もあるという認識を持ち、

広い選択肢の中のひとつとして、自分の意志で選んでほしいと思います。

 

とはいえ、社内恋愛はよい社風の現れともいえるので、

不倫、略奪、二股などの非人道的な行為や別れた後のいざこざなどがなければ

僕としても推奨していきたいところです。

 

隠れてコソコソ付き合うのもよいですが、

それが会社の業務の生産性の妨げになるケースも多いので、

なるべく早めに上司に報告してほしいものです。

 

 

■知人の紹介 (おすすめ!)

 

― ここが一番オススメな経路なんですが、

ここはまさに行動力が求められる部分です。

 

社内の場合は、仕事を通じて自然に交流がありますが、

紹介などは自分から積極的に行動しなければ

確率もチャレンジ回数も上がりません。

 

自分の理想の相手がいる可能性が高い属性の人、

友人、同僚、後輩、先輩に紹介を依頼するのです。

そうすると必ずと言ってもいいほど「どんな人がいいの?」と訊かれます。

 

そこで、自分の許容範囲まで加味したパートナーの条件を

かいつまんで適切に伝える必要性が出てきます。

ここで条件を細かく言い過ぎると

紹介する側も選択肢が狭まってしまうので、

紹介を依頼された人の気持ちを考えて優先順位と許容範囲を伝えましょう。

 

一対一でお見合い的な紹介よりも、

食事会形式、俗にいう合コンのほうが気軽で鉄板になっていると思います。

美味しいご飯と軽いお酒と共に、宴の席で異性を知り、評価を下していくわけです。

 

その中で連絡先を交換しその後継続して会っていくか、

ストップロスをかけるのか

意識的にも無意識的にも男女ともにやっていることです。

 

何度もいいますが、大事なことは

出会いの場に出る、自分の選択肢を広く持つことです。

 

知人ですでにパートナーがいる人や属性が良い人がいたら、

紹介を頼んでみても良いと思います。

自分の異性としての実力の向上がなければ

当然紹介する側も敬遠しますので、塩梅は忘れないようにしましょう。

 

 

■共通の趣味、コミュニティー所属

 

― アウトドア、お稽古ごとなど趣味の集まり、

社会人サークル、友達を集めてのBBQ会など

なにかの特定のコミュニティーの中で探すもの有効な手段のひとつです。

 

僕の場合はアウトドアで外に遊びに行ったり、

バーベキュー、川遊び、海遊び、山遊び、などなど

いろいろ企画して友達を集めることがあります。

実際にその中でお付き合いに発展したケースもあります。

 

異性を意識して対峙することとは異なり、

共通の趣味、活動を通じて自然に仲良くなり人間性を知ることができます。

また、共通の価値観をもつ友達が増えるので、楽しいひと時でもあります。

 

最近ではSNSやインターネットを通じて、

社会人サークル的なコミュニティーが多くありますので、

探してみると良いでしょう。

自分自身で企画して友達に友達を集めてもらい

イベントのような形式でスタートしてもよいと思います。

 

当然、出会いを求めている人も一定数いるので、

恋愛につながるケースも少なくありません。

 

 

■外部セミナー、勉強会への参加

 

― 外部のセミナーや研修、勉強会に参加することでも、

一定数の出会いを待っている人と出会うことができます。

しかも、セミナーの属性によっては

前向きな人や思考習慣が似通っている人が集まりやすいので、

ある程度の属性を絞ることができます。

 

料理教室であれば家庭的な女性・男性が集まるでしょうし、

自己啓発系のセミナーであれば前向きで起業や独立心の強い人達が集まります。

自分の成長とともに、出会いの場としての一面を期待し、

自分の理想と許容範囲の中で探していくのも手ですね。

 

もちろん、出会いのためだけに参加するのは主催者も困りますので、

自分の趣味嗜好、課題の延長線上にパートナー探しを置くのが正しいでしょう。

 

 

■SNSアプリ

 

― 近年多種多様に急増する出会い系アプリも、捨てがたい選択肢かと思います。

 

写真と年齢を公開しているので、よほど加工されていなければ

外見、容姿、年齢条件の最低ラインを超える人と出会えるからです。

 

ただし、SNSアプリは手軽であるために登録者も多く、

当然男女ともに好条件な人に過剰に集中します。

 

僕も以前登録していたことがありますが、

一般的に見て容姿端麗で恋愛適齢期に属する女性は異常に人気を集め、

メールを開封しきれないくらいのアプローチがあるそうです。

 

インターネットは比較する媒体です。

SNSアプリの中で条件設定により

男女ともに写真とプロフィールを基に比較しているわけで、

自分も比較されているわけです。

 

インターネットはどうしても一極集中してしまうがために、

良い条件の人は一瞬でパートナーを見つけられる反面、

良い条件ではない場合は見向きもされないのが現実です。

 

また、社内恋愛や紹介に比べて

人間的なつながりが全くない状態からのスタートなので、

良い意味で後腐れがない半面、トラブルなども起こりやすいのです。

特に女性は、悪巧みしている男性も多いので慎重にご利用いただきたいところです。

 

出会い系SNS市場は、公開市場と呼ばれています。

多くの異性に自分の評価をしてもらい、

自分の今の実力、現在地を知る生々しい舞台だと僕は思っています。

 

こういった出会い系SNSでパートナーを見つけて

結婚するケースは年々増えていますので、

自分の理想を明確にして、

確率の高いクジを引き続ける手段のひとつとしては重宝します。

 

メッセージのやり取りや通話を通じて人間性の片鱗を読み取りつつも、

数多くの選択肢を保持しながら良質な出会いに時間と労力を使っていくことをおすすめします。

 

 

■婚活、恋活パーティー

 

― SNSのリアルバージョンです。

こちらも人間関係はほぼない状態からのスタートなので

慎重に進めていただきたいですが、

選択肢を増やすという意味では是非取り入れるべき経路になります。

 

婚活パーティーなどで検索すると、様々な会社がヒットします。

それぞれの会社で、目的やテイスト、形式がかなり違うので

自分に合うものを選んでいきましょう。

 

・対面型…少人数~中人数でねるとんスタイル、合コンスタイルで交流していくスタイル

 

エクシオ

パーティーパーティー

東京夢企画

 

対面型は全員と会話する機会があるので、

多少なりとも人間性が伝わりやすい形式です。

 

 

・パーティー型…大箱に軽食とお酒が用意されていて、男女ほぼ同数で放たれ交流するスタイル

 

ルーターズ

プレミアムステータス

街コン

 

パーティースタイルはまさに弱肉強食です。

容姿端麗、適齢期の女性に男性は群がりますし、

逆の条件であればまったく相手にされないという事態が起こります。

男性も自分から積極的に話しかけられない場合はずっと待ちぼうけになります。

 

2人以上の参加者が多いので、友人、同僚などと一緒に参加するのがよいでしょう。

 

現在では趣味コン、ハイステ、ふくよか限定、闇コンなど

多種多様な形式に進化しているので、

経験値をあげる手段としてはよいと思います。

 

 

■結婚相談所

 

― こちらも形式はたくさんありますが、

結婚を前提として条件をコーディネーターが選別し、

許容範囲の異性を優先して紹介してくれます。

自分の理想と許容範囲が明確であれば話が早いです。

 

結婚を真摯に考えているのであれば、結婚相談所はよい選択肢になります。

お金はかかりますが、なにも行動しないよりは

たくさんの異性に出会える方法のひとつとして利用すべきでしょう。

 

相談所はまさに条件での選別になるので、

女性は年齢と写真、男性は年齢と職業で足切りされる、ドライな一面があります。

条件がよい人はすぐにパートナーが見つかりますので、

男女ともに旬を逃さないように選択肢として取り入れたいところですね。

 

 

はい、いろいろと選択肢を書き連ねましたが、大事なことは選択肢を増やすこと。

広い選択肢の中で自分が自分の意思で選択することです。

狭い選択肢の中では条件が悪くても選ばざるえません。

それが自分にとって不平等条件だとしても、選択肢がなければそうなってしまいます。

 

だから、やるべきことは選択肢を増やすこと。

 

恋愛・結婚という人生の喜びのひとつを後悔しないよう、

自分の価値を高めつつも、選択肢の幅を常に持つこと。

そして、決めたらその選択以外を見ないこと、決めて断つこと、決断です。

 

パートナーが決まっても周囲の選択を切らないと、

場合によっては目移りしてしまったり、

せっかく決めたパートナーにないものねだりをしかねません。

 

決めたら断つ、これが幸福感のコツなのかもしれません。

 

 

価値観は人それぞれですが、

恋愛は子孫繁栄のために人間の根源的欲求としてDNAに刻まれているものなので、

幸福度を高めるひとつの大きな要素です。

 

 

20代30代で仕事に没頭し実力をつける、収入を上げる、

人生の選択肢を増やすことはもちろん重要です。

そして、現代では恋愛や結婚をしなくても

他のもので自分の欲や心の隙間を埋める手段がたくさんあります。

 

しかし、長い人生を客観視したときに

恋愛におけるパートナー探しは非常に重要になります。

 

パートナーや子供の存在は短期的な損得はありますが、

長期的には人間のDNAの欲求を満たす行為であり

人間として生きる意味でもあります。

 

 

WCHのスタッフの方には、最良の人生を送ってほしいと僕は考えています。

会社の制度、給与、労働環境などまだまだ至らない部分もありますがどんどん改善して、

会社を辞めるときに「WCHで働いて良かった」と思ってもらえるような会社にしていきますので、今しばらくお待ちください。

 

僕の拙い実力では追いついていない部分も正直ありますが、

仕事において成果をしっかりと作ってくれるスタッフに

正当な対価を提供することは僕の使命・ミッションでもあるので

そこはお約束させていただきます。

 

是非、仕事はもちろん恋愛・結婚における理想と許容範囲を明確にし、

実際に行動し、たくさん小さな失敗をしてほしいです。

失敗の先には次の現実があり、また一歩理想に近づいたと

前向きに人生の幸福に向けて行動してほしいところです。

 

たった一度の20代30代、二度とない20代30代、

どうせ生きるなら目一杯自分の幸せにコミットして行動していきましょう。

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

頑張る ≪ 続ける

To 中野オフィスで働くスタッフさん From クドウケンジ 10月…

一流に触れる

FROM クドウケンジ TO これからミライのある若者スタッフへ 一…

あなたの代わりなどいくらでもいる

From クドウケンジ To 中野オフィスで働く方々 「あなたの代わりなどいくらでもいる…

成功する唯一の方法(本田圭佑談)

From 工藤謙治 To 将来他人より豊かに生きたい社員さん なにか…

駅のトイレに並ぶな!

TO 朝が苦手な社員さん FROM 工藤謙治 ちょっとキレイではない…

ページ上部へ戻る