© 工藤謙治公式ブログ|ウィンキューブホールディングス代表のサイト All rights reserved.

なぜ厳しい環境にするのか?

To:成長したい人(現状維持思考の方は読まない方が良い・・)

From:工藤謙治


質問です。

あなたがもし中学生だとして
本気で甲子園に出場し、
プロ野球で年俸1億円プレーヤーになりたいとしたら
どっちに進学しますか?

1、和気あいあいがモットー、楽しい環境がなによりで、
野球の楽しさを第一目標にしており、
結果、3年に一度くらい甲子園に出場する、
地域で比較的野球の強い高校

2、厳しい練習と全寮制、
甲子園優勝を目標に超体育会系の縦社会で
3年間野球漬けになる覚悟が必要で、
過去何度も甲子園を制覇している名門高校

 

1の地域の野球の強い高校は、
目的が野球を楽しみながら強さを目指し、
結果、甲子園に行けたら素晴らしいということになります。

2の全寮制の日本屈指の野球強豪校は
甲子園で優勝することが目的で、楽しさを求めていません。
当然”結果”を重視しますので練習も日本屈指のキツさです。
さらに親元を離れ、遠征なども多いのでお金もかかります。

これは前提条件、その人の目的がどこにあるのか、
高校の先に何を見ているのかによって
選択がかわります。

単純に野球をやりたい、青春を野球に捧げて
甲子園に”いけたらいいな、、”と思っているならば、
1の和気あいあい高校を選ぶべきです。

しかし、年俸1億というのは
日本の野球人口のTOPオブTOPです。

野球の競技人口は約810万人らしいのですが、
年俸1億円をもらえるプロ選手は何人いるでしょうか?

その中でも安定して選手生命を30前半まで保ち、
ずっと1億円以上もらえるプレーヤーは
数えられる程度でしょう。

ここを目指すならば、
当然2の日本屈指の野球強豪校の
全寮制の野球部に入るべきです。

これは目的の違いなので、
自分の目的を明確にした上で1を選ぶならばそれでよいです。
良い選択です。

でも、プロ野球で食っていく、
ましてや年俸1億円を超えるスター選手になりたいならば
ぬるい環境では無理です。
ぬるい環境にはぬるい成長しかありません。

・いまいちな監督
・いまいちなコーチ
・いまいちな設備
・いまいちな練習内容 (授業の仕組み)

だからいまいちな結果しかでません。
でも目的が野球を楽しむことであれば
こちらのほうがよいでしょう。

厳しい環境には大きな成長があります。

・一流の監督
・一流のコーチ
・一流の設備
・一流の練習内容 (野球特待生など、、)

結果として一流の結果がでます。
野球で1億円プレーヤーになるという目的であれば、
キツいし辛いけどこちらを選ぶべきです。


人間の成長 = 時間 × 情熱 × 環境

です。

多くの時間を、
情熱(集中力をもって)、
よい環境(指導者、設備、仲間など)
で過ごした者が成長します。

WCHは野球のたとえで言うならば
2の日本屈指の野球強豪校でありたいです。

・人として自分を律する強い精神力を身に着けてほしい
・自分の人生をどこでも生き抜くスキルを身につけてほしい
・自分の収入を自分で決められる考え方、実力をつけてほしい

自分の人生を自分でコントロールする術を
WCHの仕事を通して身につけていただき、
社会に役立つ人材に育ってほしいです。

仕事を通して自分を磨き、
社会に人徳と経済の両面で貢献し、
物心ともに豊かな人材を育成できる環境、
それがWCHの目指す未来です。

当たり前ですが、
人より豊かに生きよう、
人より自分らしく生きようと思えば、
人よりも大きな成長を求められます。

求める目的に対し大きな対価を払えば、
大きなものが手に入るし、
なにもしなければ何も手に入りません。

人は自分の人生を自分で決める権利をもっています。
多くのものを手にする人生を選ぶのも自分、
ごく一般的な人生、もしくはそれ以下の人生を選択するのも自分。

僕たちは強要もしませんし、
こういった価値観に合う人たちと一緒に働き、
社会に価値ある存在になっていきたいと思います。

たった一度の人生を生き抜きたい!
人より豊かな人生にしてたい!
自分の周囲、家族、何より自分自身を
心の充実、経済面で幸せしたい!

こんな人が集まり、
自分の自己実現のために成長できる環境づくり、
それがこれからのWCHの向かう道です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

社会的な経済価値をあげよう

From クドウケンジ To ミライが心配な社員さんへ 「老後95歳までほどよく普通に生…

プロの社会人とプロのチームワークとは?

From 工藤謙治 To 人間関係に不満をもつ社員さんへ 4月が終わり、…

終身雇用なんてもうない

From クドウケンジ To 社員さん 先日、テレビやネットニュースで取り上げられていた…

働き方改革!

From くどうけんじ To  仕事を頑張りたい社員さんへ …

学ぶ人・学ぶ情報を考える。

From クドウケンジ To  成長途中のスタッフさんへ 一発屋っぽい人…

ページ上部へ戻る