© 工藤謙治公式ブログ|ウィンキューブホールディングス代表のサイト All rights reserved.

習慣の前に儀式化しよう

To:スタッフさん

From:工藤謙治


以前からこのブログでも
習慣の大切さは何度も伝えていますね。

でも、その習慣の前に儀式化するという概念を
今日はお伝えしたい。

このブログ記事を書いているのは、
土曜日の早朝5時43分。
おろらくWCHメンバーでこの時間に起きて
元気いっぱい仕事しているのは僕くらいだろう。

そう眠気はなく、元気いっぱい活力に満ちた状態で
今この記事を書いている。

そして、この習慣が
僕の成功の秘訣でもあると確信しています。

経済的な成功だけではなく、
自分の夢や目標を達成するということは、
その方向に向かって自分の時間、行動、考え方、
つまり”習慣を最適化すること”そのものである。

成功する = 時間の使い方を変える = 行動を変える = 習慣を変える

つまり、昔の自分や、
目的に向かって成功していない人々と
同じ時間の使い方、行動をして、同じ習慣をしていると
いつまでたっても成功することはないのです。

成功とは
現実世界の具体的な行動の変化、
考え方の肯定的な変化を伴う、習慣の変化の賜物なのです。

でも、その習慣をなかなか変えられずに
多くの人はいつもと同じ現実を生きる。

「成功したい でも習慣はやめられない
成功したい でも習慣は変えられない」

この繰り返しのもと、
多くの人は口だけ番長の如く、
今の延長線上に平凡な未来を自分で作り出している。

そこで、大事なことは儀式化です。

僕は習慣を変えるという言葉は
結構ふんわりしているので、
儀式化するという事から始める。

「儀式」とは何かを検索すると、
”特定の信仰、信条、宗教によって、
一定の形式、ルールに基づいて人間が行う、
日常生活での行為とは異なる特別な行為”

と表示される。

まさに、自分の信仰、心情、自分宗教観に基づいて
毎日のルールを設定し、
平凡な人たちとは異なる特別な行為、行動なのです。

これはイメージの違いなので、
僕は成功するための行動や
時間の使い方を身につけるときには
「儀式」だと思っている。

常にイメージはイスラム教の毎日5回のお祈りです。

イスラム圏に旅行へ行ったことがある方はイメージできると思いますが、
イスラム圏の方はなにも考えずに
祈りの時間がくるとメッカの方向に祈りを始めます。
自分のそのときの感情、行動など無視です。

祈りの時間がくると問答無用で祈ります。

イスラム圏の経済や人々の生活は
すべてこの儀式を織り込んで成り立っています。

このイメージを持って、
成功への儀式を行うとわかりやすいです。

僕の場合、朝早く起きることは、
習慣というより儀式、問答無用です。

眠い?疲れた?二日酔い?
そんなの関係ないのです。
儀式ですから。

僕は「習慣化」という弱い言葉より、
「儀式」というより拘束力のある言葉で、
「成功の儀式」という概念を持ち
自分の日常をコントロールしています。

本当に自分の目的に向かって成功したいならば、
必然的に儀式が増えていきます。

他の口だけ番長たちが
めんどくさがってやらない儀式、
一見するとめんどくさいような儀式、
ストレスがかかる儀式がたくさん増えていきます。

でも儀式は、
自分の信仰、心情、自分宗教観に基づいており、
その事自体が自分教の教えを守っているので
満たされます。

そして、儀式は時間、行動を強制的に変えるので、
習慣となり、実力となり、チャンスとなり、
成功していくのです。

自分にどれくらい成功の儀式を作っていますか?
その儀式は守っていますか?
儀式は絶対ですよ。

口だけ番長でおわりたくないなら、
成功者の儀式を自分の儀式として取り入れ、
忠実に守っていきましょう。

やがて毎日のその儀式自体が充実感となって、
自分の心も満たして自然と成功していくようになりますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

社会的な経済価値をあげよう

From クドウケンジ To ミライが心配な社員さんへ 「老後95歳までほどよく普通に生…

プロの社会人とプロのチームワークとは?

From 工藤謙治 To 人間関係に不満をもつ社員さんへ 4月が終わり、…

終身雇用なんてもうない

From クドウケンジ To 社員さん 先日、テレビやネットニュースで取り上げられていた…

働き方改革!

From くどうけんじ To  仕事を頑張りたい社員さんへ …

学ぶ人・学ぶ情報を考える。

From クドウケンジ To  成長途中のスタッフさんへ 一発屋っぽい人…

ページ上部へ戻る