© 工藤謙治公式ブログ|ウィンキューブホールディングス代表のサイト All rights reserved.

責任全て自分が源と考える

TO:スタッフさん
From:工藤謙治


久しぶりのブログ更新。

この二ヶ月、、しんどかった。。。
良いこと、良くないこと、チャレンジ、、、
いろいろ目の前にやってきて僕を成長させてくれた。

正直ここまでやるか!
これも俺がケツ拭くのか!
などなど(笑)
いいトレーニングになった。

結局ね、なにが起きても自分の責任なんですよ。

会社を大きくしようと、
社員さんの未来を作ってあげようとして、
良い結果になる場合もあるし、悪い結果になることもある。
それこれも広く見るとすべて自分の選択の結果にすぎないのだ。

どう考えても自分は悪くないと思えるような事態や、
現象も他責にしてしまうと成長が止まる、
そして未来へ進めなくなる。

家庭環境がよくない

自分の今の環境が良くない

自分の上司が良くない

お客さんがたまたま良くなかった

友達の会社はこうであーだー

あの人はこんなに貰っている

自分は容姿に恵まれなかった

こんなことまで、自責で受け止めないと前に進めない。
こんなことは「私は悪くない!」と思うような現象も、
結局他人の責任、周囲の責任にしているとなにも進まない。

・他人と過去は変えられない。

でも

・自分の解釈とこれからの未来は
自分の行動をコントロールすることで変えられる。

大事なことは自分のヴィジョンへ向かって、
自分や環境を自分の影響力の輪の中で最適化することだ。
自分のヴィジョンを明確にし、
自分に負荷をかけて日々成長させていく。

他人が寝ている時、怠けている時、遊んでいる時、
自分は自分のヴィジョンに向かって自分の影響の輪の中にフォーカスし、
自分を最適化するのみ。

自分、自分、自分、、、
人生とは『自分』なのだ。
自分の解釈と行動で良くもなるし悪くもなる。

自分の人生に起きるすべての現象を自分ごとに捉えた時、
世界の見え方が変わる。

会社の責任、親の責任、人の責任、環境の責任、
→ 自分の責任ととらえ、自分にできることを考えてみよう。

きっとそこに成長が待っています。

僕もまだまだ未熟者。

油断するとすぐあいつが悪い、こいつが悪い、時代が悪い、
自分の影響の輪の外(関心の輪)(コントロール領域の外側)の
責任にしてしまいます。

そんなとき、グッとグッと我慢して、
自分に今できる解釈は何か、
コントロールできる行動はなにか踏みとどまって考える。

だって僕は僕のヴィジョンを本気で実現させたいから。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

働き方改革!

From くどうけんじ To  仕事を頑張りたい社員さんへ …

学ぶ人・学ぶ情報を考える。

From クドウケンジ To  成長途中のスタッフさんへ 一発屋っぽい人…

タイピングを頑張ろう!!

タイピングはコピー力に直結する From 工藤謙治 To 特にコピーライター &nbs…

シミュレーション力がすべて

From クドウケンジ To 未来ある若手スタッフさんへ 最近ふと思いま…

仲良しこよし → チームワーク

From クドウケンジ To 管理職・3年以上前からいるスタッフさん &…

ページ上部へ戻る