© 工藤謙治公式ブログ|ウィンキューブホールディングス代表のサイト All rights reserved.

セルフイメージを上げる方法

TO: 大きく成長したいすべての人へ
From 工藤謙治


前回の記事で、
成功の要素は習慣であり、習慣を変えるためには
セルフイメージが重要だと書いたのですが、
もし前回の記事を呼んでないならば
そちらを先に読んだほうがわかりやすいかもしれません。
 
では、
『セルフイメージを上げる方法』です。

セルフイメージ(自己概念)という言葉は
主に自己啓発や成功哲学のジャンルでよく使われるものです。

セルフイメージ = 自己概念
= 自分で自分のことを意識下(無意識)でどう思っているのか
ということです。

潜在意識でどのように自分で自分を捉えているのかということです。

人はあまり意識しませんが、
意識下において自分はこういう人間であり、こういう特徴で、
このように振る舞うのが当然と思い込んでいる生き物です。
自分の行動や振る舞い、態度はこのセルフイメージによって作られます。

このセルフイメージを深く知りたい人は、
たくさん関連書籍がでていますので、アマゾンで有名な書籍で
レビューが良いものを呼んでみると良いです。

・ジョセフ・マーフィー

・ドクターモルツ(マックスウェルモルツ)

・西田 文郎

・苫米地英人

etc,,,

最初は読みやすそうなのでいいと思います。
初めてこのセルフイメージ触れる人は衝撃をうけるくらい、
人生の成功の本質をついています。

大事なことはセルフイメージを上げると
良い習慣に変わりやすく、結果日々の行動が変わり、
結果が変わっていくということです。

セルフイメージを上げていくこと → 成功への第一歩です。

 

では、具体的な方法論に入る前に、
セルフイメージはいつ、どのように、誰の手によって作られるのか?
また、後天的に替えていくことができるか、というところの解説が必要です。

僕も専門家ではないのですが、
誰もがオギャーと生まれたときから
セルフイメージを持って生まるわけではありません。
オギャーと生まれたときは、
セルフイメージが高いとか低いとかはほぼほぼないのです。

物心がつき、人格が形成される小学校高学年から中学校くらいまでに、
主に親の教育、家庭環境、学校の友達、テレビ、
その他人間が触れる様々な情報、環境によって一通り形成されるそうです。
もちろん高校・大学・社会に出たとしても
人間関係や環境によって変化していくものです。

セルフイメージはまさに自己概念なので、
ある程度自分が思った方向に変えていくことができます。
今日からでもセルフイメージは自分の思う方向に変えていけるのです。

大事なことは、
人間は誰もがセルフイメージを自分に対してもっていて、
それは今からでも変えることができると認識することです。

 

では、セルフイメージを変える方法です。

自己啓発系の本やセミナー行けばいくらでも学ぶことはできますが、
触りの上澄みの部分をお伝えしていきます。

1,小さな成功体験をたくさん積んでいく事

2,自分が求めるセルフイメージをすでに持っているコミュニティーや
仲間のグループに属し環境を変えること

===
3,アフォアメーション

4、勝利リスト・イメージトレーニング

5,未来のイメージトレーニング

6、ミッションインストール

 

他にもいろいろあるのですが、
まずはこのあたりを抑えておくといいと思います。

1・2 と 3456 に 『=』 を入れたのは、要素が少し違うからです。

1,2は自分がもちろん行うことですが、
目に見えてカウントできたり、変化がわかるものではありません。

3,4,5、6は自分が毎日、もしくは、定期的に実行できることなので、
計測できますし行動している気がします。

では1から解説します。

1,小さな成功体験をたくさん積んでいく事
人は小さいことであってもうまくいった、できた!という達成感を味わうと
『自分はできる人間なんだ!』と思うことができます。

まして、周囲が褒めてくれたり、承認してくれるとより自己概念は上がっていきます。
人は適切な方向に褒められたら誰もがうれしいですし、
セルフイメージは向上していきます。

逆にけなされたり、怒られたり、バカにされたりすると下がっていくので、
少なくとも自分自身は常に自分を褒めましょう。

早起きできたら自分で褒める、
食べ過ぎなければ自分を褒める、
仕事がうまくいったら自分を褒める、
とにかく自分の小さな達成をしっかり褒め、
時にはちっちゃい褒美などをなにか準備していてもいいですね。

成功体験を共有することで、周囲にも良いフィードバックをもらうと更に加速します。

小さなことでも褒めあえる組織は成長が早く、
小さなことでも褒めて承認してくれる上司、両親、友達のそばにいると
自薦とセルフイメージは向上していきます。

もちろん小さなことよりも大きな達成経験のほうが効果的ですし、自信が付きますが、
小さなことからコツコツと自分を自分で褒め、承認することはとても重要です。

 

2,自分が求めるセルフイメージをすでに持っているコミュニティーや仲間のグループに属し環境を変えること
友達や環境を変えることでもセルフイメージは大きく変わります。

『自分の仲の良い友達、人間関係10人の年収の平均値が、今の自分の年収に自然となる』

など聞いたことありませんか?
これは冗談抜きで本当です。
グーグル先生にきけばたくさん出てきます。

僕の周囲も気がつけば儲かっていて素敵な経営者しかいなくなってきました。
年収も、、、、多分平均なんですかね(笑)

平均値に調整されるのは年収だけではありません。
セルフイメージも自然と似通ったものになっていきます。

とにかく明るく前向きな集団に所属していると、
最初は違和感がありますがだんだん慣れてきて、
自分も自然と明るく前向きになっていきます。

自分が憧れる人がいるコミュニティに所属したり、
憧れの人とたくさん会話したり時間を過ごすだけでも考え方の癖が伝達し、
セルフイメージも徐々に近づいていきます。

是非、自分を変えるために、
付き合う人間やコミュニティーを選んで変えて見てください。

===
3,アフォアメーション も重要です。
インカンテーションとも呼ばれることがあります。
アフォアメーション = 肯定的自己宣言 と日本語では呼ばれています。

アフォアメーションというタイトルで
凄さを語り尽くした難しい本がでているくらい、
自己啓発の世界では基本的で効果的な方法です。

「私は周囲に頼られるリーダーです」

「私はモテる、イケメンです。可愛いです。いつまでも若々しいです」

「自分は年収〇〇円です!」

と宣言したり、
「〇〇万円達成しました」など過去形でいうと効果的とも言われます。

「私はいつもニコニコと人の話に傾聴しています」
などなど自分が望むもの、状態、目標を口に出して何度も何度も宣言するのです。

ポイントは何度も口ずさむことです。

『叶う』という漢字は『口』に『十』と書きます。
毎日、口に十回だすことでまさに叶うのです。

僕も昔はまだ月の手取りが20万円程度の平サラリーマンだったころから、
道を歩きながら
「私は月収300、億万長者!!億万長者!」と歩くリズムに合わせて口ずさんだり、
寝る前、朝起きた直後にアフォアメーションリストを読み上げる、
口ずさむ時間を確保していました。

最近はアフォメーションの内容や宣言文もだいぶ進化し、
まともになってきましたが未だに取り組んでいる方法です。

やっていてすぐにセルフイメージは変わりませんし、
言えば言うほど今の自分とのギャップで虚しくなりますが、
それでも続けてみてください。

徐々に徐々にいままで刷り込まれ作られてきたセルフイメージは塗り替えられ、
新しい進化したセルフイメージに進化していきます。

 

4、勝利リスト
これも強烈にセルフイメージの改善に役立ちます。

勝利リストとは、過去自分が誇れるような達成経験・成功経験を書き出して、
何度も眺めその時の感情を思い起こすことです。

これは社会的に評価されることでなくてもいいのです。

(○○全国大会優勝! 〇〇コンクール金賞! ○○大学合格! などなど。)

自分の中ですごい!とかよくやった!感動した!というもので良いのです。

(中学校の球技大会でゴールを決めた!
クラスの学級委員長として演説できた!
キツイ部活動を暴力顧問の厳しい指導でも辞めずに耐え抜いた!
などなど)

そのリストを見ながら、
「あの時感動した!あのときはできた!自分ほんとがんばったな!」
という感情を思い起こすことでセルフイメージは改善していきます。

 

5,未来のイメージトレーニング
これは、勝利リストは過去に向かって行う方法ですが、
未来イメトレは未来です。

これから達成したいことやそうなりたいと思う状況を
頭の中でイメージし頭の中でなりきることです。

もし、達成したら、もしそんな望むような状態になれたら、、と
ワクワクしながらイメージするのです。
イメージするのは無料です、お金も時間もかかりません(笑)

でも例えイメージだったとしても自分の気持ちは良い状態になり、
モチベーションもあがりセルフイメージも上がっていきます。

 

6、ミッションインストール
これは、高額の自己啓発セミナーに行くと必ずやらされるワークで僕は嫌いです。
でも、高額セミナーで必ずあるということは効果的だからあるのです。

これは文字通り自分のミッション(使命)をインストール(導入)することです。

基本としてめいっぱい大声で叫びます。

「私の生まれてきた目的は、、、○○で△△ するためです」

「私は○○な人間で□□を達成します」

「私は3年以内に結婚し、日本一幸せな過程を作る最高のお母さんになります」

etc,,,

こんな感じで周囲のセミナー参加者の前で叫びます。

セミナーによっては、すこしでも感情がこもっていなかったり、
声が本気じゃなければ何度も何度もやり直しを迫られます。

そういった緊張環境の中でめいっぱいの大声で叫ぶことで
意識下に効果的に浸透し、セルフイメージを早く書き換えることができるそうです。

自宅で毎日叫んでいる人もいるそうです(笑)

僕はやりたくありませんが効果的らしいです。

 

というように今回は6つの手法をお伝えしましたが、
1つでも行っていけば、セルフイメージが変わり、習慣が変わり、結果が変わります。

セルフイメージは今日からでも、
自分が思う方向に進化させることができるのです。

今まで作られたセルフイメージのままでは、
いままでの延長線上の未来しかありません。

今日からは新しいセルフイメージを作り上げ、
新しい未来を描いていただければと思います。
習慣を変えるのは大変ですし、努力も必要ですし、成長痛もあります。

しかしセルフイメージを書き換えることができれば、
それは努力ではなく極自然な行動、日常にかわります。

体重100キロでダイエットをしようと、
毎日、食事制限と運動を無理やり我慢しても、なかなか続かないのです。
仮に一旦痩せられたとしても、リバウンドしてしまいます。

でもセルフイメージが60キロに合っていて、
スリムで、しなやかなナイスボディである、
というセルフイメージに書き換えることができたならば、
自然とストレスなく食べる量は減っていき、健康的な物を選んで食べ、
自然と運動をするようになり、結果60キロに現実が追いついていきます。

もちろん両輪で努力をしつつも、セルフイメージを変えていく必要がありますが、
長期的に反映・成功を継続していくためには、
セルフイメージの目的地を明確に、意図的に書き換えていくこともおすすめします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

働き方改革!

From くどうけんじ To  仕事を頑張りたい社員さんへ …

学ぶ人・学ぶ情報を考える。

From クドウケンジ To  成長途中のスタッフさんへ 一発屋っぽい人…

タイピングを頑張ろう!!

タイピングはコピー力に直結する From 工藤謙治 To 特にコピーライター &nbs…

シミュレーション力がすべて

From クドウケンジ To 未来ある若手スタッフさんへ 最近ふと思いま…

仲良しこよし → チームワーク

From クドウケンジ To 管理職・3年以上前からいるスタッフさん &…

ページ上部へ戻る