© 工藤謙治公式ブログ|ウィンキューブホールディングス代表のサイト All rights reserved.

習慣とセルフイメージ

From 工藤謙治


人は良い意味でも悪い意味でも習慣とセルフイメージの生き物です。

まずは『習慣』についてちょっと解説します。

自己啓発とか勉強している人であれば、

『習慣は第二の天性なり』

とか、

『思いの種をまき、行動を刈り取り
行動の種をまいて習慣を刈り取る
『習慣』の種をまき、人格を刈り取り
人格の種をまいて人生を刈り取る』

聞いたことある人もいると思います。

『習慣』には『行動習慣』と『思考習慣』があります。

『行動習慣』とは
日々の行動や生活スタイル、生活習慣といってもいいでしょう。

『思考習慣』
とは
考え方の癖、ポジティブとかネガティブとか性格とかになりますね。

ともにすべての人が違う習慣をもっていて、
自分の習慣の癖をとらえずに当たり前に生きています。
だから自分の習慣の癖を考えたり、変えようとする人は稀です。

当然、経済的成功やライフスタイル的な成功に向かって効果的であり、
効率的な習慣をたくさん持っていたら早く目標達成しますし、
非効果的で、非効率な習慣をたくさんもっていたら
いつまでたっても達成できないのは当たり前です。

成功とは「結果」です。
結果を出すためには『行動』しなければなりません。

『行動』とは『時間』を割くことです。

『時間』は『習慣』によって構築されています。

例えば、僕、工藤謙治の場合、
自分で言うのも何ですがよい行動習慣をたくさん持っています。

======================================
◆土日祝日正月関係なく、
早起きしてカフェや漫画喫茶に行き仕事・読書する行動習慣

◆毎日、フレッシュジュースを作る行動習慣

◆毎日、運動、筋トレする行動習慣

◆毎日、男性の割にはUVケア・スキンケアを当たり前に行う行動習慣

◆食べ過ぎ、飲み過ぎをあたりまえにコントロールする行動習慣

◆経営・マーケティングの教材をおもしろいと感じる思考習慣

◆失敗してもポジティブに先に進む思考習慣

◆経営に関してすこしネガティブな心配症な思考習慣

◆何か思いついたら即行動、自分からリスクを取りにいく思考習慣
=======================================

今の僕の成功状態を作り出している『習慣』の一部です。

たまに忙しそうですね!とか大変そうですね!と言われますが、
まさに『習慣』なのでまったく苦でもなく当たり前すぎる行動なのです。

毎日ご飯を食べる、トイレにいく、歯を磨く、顔を洗う、お風呂に入る
そんな日常の習慣と同レベルなのでなんの違和感もありません。
大事なことはこういった習慣を僕は生まれつき持っていたわけではありません。

持っていたこうなりたいという強い願望・ヴィジョンに合わせて、
後天的に意図的に作ってきたものです。

その過程では、ちょっとした葛藤や上手くいかない時期があり、
油断すると以前の効果的ではない習慣に戻ってしまうこともありました。

しかし、一度習慣化してしまえば、まさに当たり前になり、
当たり前に時間を割き、行動するので結果につながっていきます。

ここで重要なのが『セルフイメージ』です。

『セルフイメージ』とは日本語で自己概念と言います。

自分で自分のことをどう思っているのか?ということです。

普段「自分のセルフイメージとは?」なんて考えないので気が付きませんが、
人はセルフイメージがそのまま具体化した状態になります。

セルフイメージが高ければ、
高いセルフイメージを実現するための行動習慣、思考習慣に
自然と調整されていきます。

セルフイメージが「超一流のスポーツ選手」というものにあっていたら、
行動習慣、思考習慣は「超一流のスポーツ選手」に調整され、
「超一流のスポーツ選手」らしくない習慣をもっていると違和感・不快感を感じます。

僕は、習慣を変える前にセルフイメージを変える重要性
よく社員さんに伝えています。

まず自分がどんな人間になりたいのか、
どんな人間像であるべきなのか、
セルフイメージ(自己概念)をどのように合わせていくのか
ここがポイントです。

習慣を無理やり変えようがんばって
セルフイメージ(自己概念)が成長していないとすぐにもとに戻ってしまいます。

習慣とはがんばらないでも自然と行動できるものです。
あたりまえなのです。

自分の理想のセルフイメージ(自己概念)を作り、
そこに対して習慣形成を考えていくと頑張らなくても時が経てばそうなります。
もちろん多少の葛藤はありますよ。

セルフイメージ(自己概念)を効果的に作り上げる方法はまた今度。
まずは自分のセルフイメージを客観的に見つめてみてください。

その通りの習慣しかもっておらず、
その習慣が今の自分(収入、ライフスタイル、職業感、恋愛観、人間関係など)
を作っていることに気が付くと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

働き方改革!

From くどうけんじ To  仕事を頑張りたい社員さんへ …

学ぶ人・学ぶ情報を考える。

From クドウケンジ To  成長途中のスタッフさんへ 一発屋っぽい人…

タイピングを頑張ろう!!

タイピングはコピー力に直結する From 工藤謙治 To 特にコピーライター &nbs…

シミュレーション力がすべて

From クドウケンジ To 未来ある若手スタッフさんへ 最近ふと思いま…

仲良しこよし → チームワーク

From クドウケンジ To 管理職・3年以上前からいるスタッフさん &…

ページ上部へ戻る